読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マジノです 身動き

今日は外だけ涼しいんですね。家の中は変に暑いのでまだクーラーがついています。

さっき小説を一つ読み終えたんですよ。伊坂幸太郎の「ラッシュライフ」っていうんです。

面白かったんです。気分が高揚してて、そのせいで眠れないんですよね。まあ、休日だからいいんですけど。

本に、こんな一文があったんです。「一生のうち一日だけが自分の担当で、その日は自分が主役になる。そうして翌日には、別の人間が主役を務める。そうだったら愉快だな、と」

だったら私が主役の日はいつくるんでしょうね。今からわくわくします。

要するに一生に一度しか無いくらいの特別な日にってことでしょう?

素敵ですね、その日の私はこの話を覚えているんでしょうか。

高校生の今の私には大人になった自分なんて想像つかないけど。

 

 

それではまた気の向いた時に

 

マジノです 知り合い直しました

こんばんわ マジノです

前に親戚についての記事を書いたのですが、その時私は同い年のいとこと小学生以来の再会を果たしました。

祖母の家で二人で一週間、過ごしました。共に連日海に行き、笑い、泣き、クーラーが無い夏の家で暑くて眠れない夜を過ごしました。

いとこは不思議な奴です。一言ではどうやったって性格を言い表せません。女子高生のくせにスニーカー好きだし、女子高生のくせにちょっと怖い本とか勧めて来るし(面白かったけど)、そして女子高生のくせにめちゃくちゃ話が上手で面白い奴です。

今回のように、祖母の家に短期間泊りに行くのは小学校時代毎年恒例のイベントでした。

私の親戚には必ずと言っていいほど兄妹がたくさんいました、従っていとこもたくさんいました。そのなかで、私と同い年のいとこはそいつだけだったのです。必然的に一緒にいました。

しかし、「仲は良かったか?」と訊かれれば、答えは「ノー!!」です。めっちゃ仲悪かったです。

私は寝ようとしてる奴にちょっかいを出し続けて怒らせたし、奴は奴で私が描いた犬の絵にケチをつけまくって怒らせてきたし、そんな小競り合いをしながら過ごした記憶が、夏の思い出の一部にあります。

だから、正直今回行く前に「いとこがいるよ」と言われた時は少し憂鬱だったんですよ。だって・・高2の女子2人でそりが合わないまま過ごすのって・・ちょっとシャレになんない辛さでしょう?

しかし一度会ってしまえば、なんのことない。普通に仲良く過ごせました。学校の人達とも、家族とも違う距離感で接しあうのは新鮮で、楽しかった。

知り合い直したんです。昔のことはあまり関係なさそうでした。そりゃそうか。

帰り際にきっちり連絡先を交換してきました。離れた場所で色んな話をしています。なのでこれからちょいちょい奴のことをブログに書こうと思っています。

 

それではまた気の向いた時に、

おやすみなさい

マジノです 親戚って

こんばんわ、マジノです

親戚の集まりっていいですよね。

特に私は親父殿の方の親戚たちと会うのが好きです。

親戚と会う時、私の家の場合、必ず遠くまで足を運びます。

何年ぶりの会おうと、関係性の崩れは一切見えない。同年代のいとこたちの顔ぶれも、伯父伯母祖母祖父の大人たちの顔ぶれも、なにも変わらない。

私にとってそれはとっても落ち着く空間なのです。日々窮屈な教室のなかでその場その場で立場を確保しなくてはならない学校生活とも、生活の幅の狭い家にいるのとも違う安心感があるんです。

この夏休み、実に小学生以来になる同い年のいとこと一週間共同生活をしました。

楽しかったです。久しぶりに夏休みを実感できました。

あー、学校行きたくないなぁ

 

それではまた気の向いた時に

おやすみなさい

 

マジノです 双子のことを考えていたら

私の通う学校のクラスメイトに、双子の女の子がいる。それはそれは可愛らしい顔立ちをしていて、更に小学生と見まがうほどの低身長を誇る女子だ。彼女が双子であることは、学校外でたまたま知ったことであったが、一卵性の完璧な双子である。下の名前も同じ語呂で一文字違い、顔も身長も完璧に一致だ。

そんな彼女は、幼女の風貌でいながら、私が今までに会った中で一番どぎついギャルである。私立とはいえ田舎の校則がきびしめであるこの高校で堂々と化粧を施した顔面で登校し、周囲にはこれまたちゃらい男子がちょろちょろとうろついている。

そしてギャルの特徴として私が思うことの一つに、「髪の長さや色が随時変化する」というものがある。

ある日、まだ私が彼女が双子であると知らなかった時期の出来事だ。私は夜遅くの帰路を自転車で走行中であった。そんな時、私の住む住宅街の入り口に、親子のような兄妹のような二人分の人影が目に入った。しかし距離が近づくと共に、どうやらそれが高身長差カップルであるらしいとわかる。二人の傍らを走り抜ける際に、なんとなしに顔を見てみると、クラスメイトのあの子であった。私は驚いて「あ」と露骨に声を漏らし、それに反応して私と目があった彼女は、走り去る私に意味深な笑みを返して来た。

その時彼女は短髪であった。次の日登校した彼女を見ると、髪がながーくなっていた。前夜の遭遇時以前の髪型をいまいち把握していなかったため、確かなことはわからないが、しばらくして彼女にそっくりの双子がいると知ってから、私は一つの疑惑を考え付いた。つまりは、「あの時見た彼女はクラスメイトではなく、双子の方だったのでは?」というものだ。私は唸った。ギャルの髪型は随時変化する。彼女が登校する前にエクステとかいう小道具を駆使して長髪でやってきていたのであれば、クラスメイトである可能性もある。どっちだ、どっちなのだ。あの意味深な笑みの意味は「私が男の子と夜会ってたってこと、言わないでね?」という雰囲気を発していたのか、それとも「ふふふ、きっとこの人は私を双子の方だと勘違いしているんだな」という雰囲気のものなのか・・・・・・・・。

 

一年も前の出来事である。眠れない日って、なぜかこういうささいな問題が頭に浮かんでくるものだ。思えばこの夏休み、本を読んだり遊びに出かけたりしている意外の時間は、こんなことしか考えていなかったように思う。そして、それに気が付いた瞬間に、夏休みの課題に一切手を付けていないことにも気は付くのだ。

さあ、夏休み終了まで残り一週間足らず。

カウントダウン、スタート

 

 

 

 

 

マジノです 深夜ですね

そういえば、せっかくブログ始めたのにあんま記事書いてないな!

と思ってこんな時間ではありますがキーボードを打っております。

最近夜あんま寝てない気がしています。

どうしてもネット環境あると睡眠よりそっちに意識が偏ってしまうんですよね。

それはそうと最近、いろんな作品に目を通せてホクホクしております!

いやテレビって素晴らしいですよね!

金のない女子高生でもいくらでも多種多様な映像作品を堪能できる。

最高です。

更に録画機能なんてものもある時代ですから、天国です。

今日はずっと前に録画したっきり観ていなかった「世にも奇妙な物語、映画監督編」と「オリエント急行殺人事件第一夜、二夜」を観ました。

夜にも奇妙なの世界観すごい好きなんです。一つ一つの話しの設定が抜群に面白くって。今回一番ツボな話は「嘘が生まれた日」ですね!「嘘」っていう概念がない世界って想像したこともなかったけど、いろんな可能性が秘められた世界でした。

オリエント急行殺人事件」は、私の大好きな三谷幸喜さん脚本で、あのアガサクリスティ原作で、あの豪華キャストはずるいです。すごく良かった。第二夜の犯行に及ぶシーンは決して激しいシーンではないのに圧倒される迫力がありました。

長くなりましたね。申し訳ない。

いい加減寝ましょう。

 

それではまた気の向いた時に。

マジノ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マジノです。若き母とゴキブリ。

こんばんわ

マジノです。

最近いきなり暖かいですな

思わず裸足で出かけようとしたら母に止められました・・

ところで母の話なのですけど

若い頃の話がとても面白いのですよ

これは母が十九の頃の話だそうですが、母はその日初デートを迎えたそうです。

気合いを入れて望んだデートの舞台は、私にはよくわからないがなんか高級な街の高級なレストランだったそうです。

そこで母は彼氏と仲良く同じグラタンを注文したのです。

運ばれてきた二人分のグラタン、そしてお好みでとのことでパルメザンチーズがテーブルに並びました。

母はパルメザンチーズの出口が広い方の蓋をあけ、グラタンに向かって傾けました。

事件はそこで起こりました。

パルメザンチーズの中から、一匹のゴキブリが落ちて来たのです。

そしてグラタンに着地したそうです。

そこからは大変です。ゴキブリはまだ生きていました。元気にグラタンの上を駆け回ります!

更にテーブルを移動して彼氏のグラタンの上も駆けたのです。

ゴキブリの動きは早いですからね!二人がリアクションを取る前に店内のどこかへ消えて行ったそうです。

若き母は叫び、彼氏は絶句。駆けつけた店員に事情を説明し、無事グラタンを替えてもらったそうですが、衝撃の出来事に食欲を失くし、せっかくの高級なグラタンを満足に食べれなかったそうです。

その彼氏は今の旦那で私の父親ではないんですがね。

それだったら彼氏目線の話も聞けて面白かったのにな。

私はまだ彼氏ができたこと無いので初デートもまだですが

こんな初デートは絶対に嫌!!

 

それではまた気が向いた時に。

マジノでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マジノです

やっと風邪が治って久々学校に行っている日々でございます。

いや教室は騒がしいですね!

うるさくってたまんないですよもう。

一体全体なにをそんなに話すことがあるのかと思いきや、どうやら二年に上がる際にあるクラス替えが話題の種であるようで。

そんなもんクラスが変わって毎日会う人が多少変わった所で友人関係が消えるとこは消えるし続くとこは続くし新しくくっつくとこはくっつくしで、どうにでもなると思うんですがね~

わざわざ騒ぐことなのかなー

そんなこと言ってる私にも一つ心配事はあるんですがね・・

隣のクラスにちょっとめんどくさいヤンキー的女子がいましてね・・

隣のクラスっていう距離感でもう参ってる現状なんでね・・

同じクラスになったら辛いっすね・・

まあもしなったらなったでなんとかしますよ!

自分で決めらんないので。

しかし私の通う高校は毎年クラス替えがあるそうで。

せわしないですなぁ~

さて、ブログ書くのはいい加減にして赤点補習の勉強しますか・・・

 

マジノでした、また気が向いたときに。